ミクシィ(現デプロイゲート)の提供するiOS/Androidアプリ提供者向けテスト版配信サービスの「DeployGate」について紹介します。

みなさん、こんにちは。アプリ開発担当です。

アプリ開発において、複数人でアプリの動作確認を行うことは、ユーザーエクスペリエンスを確認するためにも、アプリの品質を保証するためにも重要なことです。

これまではベータ版のアプリをテスターへ配信するツールとして、TestFlightを利用する方が多かったかと思います。 しかし、TestFlightが3/21をもってAndroid向けのサポートを終了すると発表しました。 ( 参考: Android End of Life : http://help.testflightapp.com/customer/portal/articles/

iOS向けのTestFlightはこれまで通りサポートされますが、iTunes Connectでの使い勝手が悪く、 何か良いツールは無いかと探していた時に目に止まったのがDeployGateです。

DeployGateは、ミクシィにより2012年9月から開始されているアプリの配信を主とした、 アプリ開発関係者向けサービスです。2015年1月に事業譲渡されることが発表され、話題になりました。

今回はそんなDeployGateの使い方をご紹介します。

まずは新規登録

まずはDeployGateへ新規登録をしましょう。「新規登録」メニューをクリックします。

GitHub、Googleアカウントでの登録、またはメールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し、新規登録を行います。

新規登録が完了しました。この画面からアプリのアップロードをすることが出来ます。

今回はサンプルアプリでDeployGateの動作確認をしてみます。

iOSアプリの配信方法

PCからアプリをアップロードすると、アプリ個別のダッシュボード画面が表示されます。この画面からアプリのアップロード、ダウンロード、バージョン管理、テスター登録など、DeployGateの持つ機能を扱うことが出来ます。

アプリのテスター登録はこちらから行います。Eメールアドレスを入力し、+ボタンをクリックすると、テスターへメールが送信されます。

こちらがDeployGateから届くメールです。メール本文内にあるURLリンクをタップします。

タップするとSafariが起動します。新規登録、またはログインを選択してください。

今回は新規登録を選択しました。メールアドレス、パスワード、ユーザー名を入力して、「新規登録」ボタンをタップしてください。

新規登録に成功したら、次はDeployGateのインストールを行います。「DeployGateをインストール」ボタンをタップします

初回のみ構成プロファイルをダウンロードします。ナビゲーションバー右の「インストール」をタップします。

端末ロック用のパスコードを入力します。

「インストール」をタップします。

構成プロファイルのインストールが完了しました。ナビゲーションバー右の「完了」をタップします。

こちらがiOS向けのダッシュボード画面です。今回はサンプルアプリを配信したため、利用可能なアプリがありません。(サンプルアプリはダウンロードができないためです)

ダウンロード可能なアプリがあれば、このように表示されます。(アプリ名、アイコンが見えないように画像を編集しています)

各アプリのインストール画面はこちら、インストールボタンをタップすると、アプリのインストールが始まります。

PCからダッシュボードを見ると、テスターとして1名追加されています

Androidアプリの配信方法

次にAndroidアプリの配信方法についてご紹介します。 PCのダッシュボードからテスター登録するまでは、既にご紹介した通りですので、 Android端末でメールを受信するところからご紹介します。

テスターとして登録されるとiOS同様、DeployGateからメールが届きます。 Androidでは、このメールに対してアクションせず次のステップに進みます。

GooglePlayからDeployGateアプリをインストールします。

20150213_20

20150213_21

DeployGateアプリを起動します。最初に新規登録、またはログインをします。「新規登録・ログイン」ボタンをタップして下さい。

20150213_22

新規登録、ログインに成功すると、この画面に遷移します。これがAndroid向けのダッシュボード画面です。インストール済みアプリと、利用可能(未インストール)アプリで別れて表示されます。

20150213_23

未インストールのサンプルアプリが利用可能一覧に表示されています。

20150213_24

未インストール一覧からアプリをタップすると、アプリのインストール画面に遷移します。「インストール」ボタンをタップすると、アプリのインストールが始まります。

20150213_25

アプリがインストールされると、利用可能一覧からインストール済み一覧へ表示されるようになります。

20150213_26

インストール済みのアプリ詳細画面がこちらです。アプリのアンインストールや、バージョン管理などはこちらから操作出来ます。

20150213_27

この通りTestFlightに慣れた方はもちろん、初めてアプリ配信ツールを使う方でも簡単に操作出来ます。 DeployGateはSDKも提供しており、アプリへ組み込むことでリモートでのログの収集や、クラッシュレポート、ユーザー認証などより高度な機能を利用することが出来ます。

また、DeployGateは無料で使うことが出来ますが、有料会員となることで、より広範なサービスを受けることが可能です。 まずは無料で使い始めて、有料サービス化の検討をしてみてはいかがでしょうか。

最後に

DeployGateは操作性が高く、とても使いやすいサービスでした。 ここで紹介しきれない機能がまだまだあるようなので、それらも試してみつつ、早速弊社でも導入を検討してみようと思います。


本記事はアイリッジブログで公開していたものをエンジニアリングブログとして再構成したものとなります。記事の内容は、記事執筆当時のものと異なる可能性があります。